軽やかなCMが印象に残っています

軽やかなCMが印象に残っています

小学生になれば、誰しも必ず持つものはランドセルですよね。

このランドセルは時期を問わず、競争の様に販売や営業、またテレビのCMなどで知られています。

テレビCMでは、子役とはつらつとしたお兄さんが出てランドセルの紹介をしていますし、なにより昔と違って色々なカラーが選べますから時代は変わったんだなぁと感じています。

CMでも天使のはねという名前でおそらく子供のいない人でも知らない人などいないのではありませんか?この天使のはねという言葉は私から見れば、随分と変わった名前だと思ってしまいましたが、これを開発に導いた方はどういった考えや理想でここまで有名にできたのでしょうか。

様々な思いがあってこの名前をつけたのではないかと思っていますが、子供対象ですから、可愛いので天使としてイメージしたのか分かりませんが、このランドセルが人気を集めているのは間違いありませんね。

なかなか保護者の方々から人気のようですよ。

口コミサイトをみますと、軽くて丈夫だし、デザインも文句なしとまで言われていますからね。

昔のランドセルとの違い

私は今40代ですが、私が小学生だった頃を思い出してみました。

確かにランドセルを背負って学校に通って、様々な友達と共に学校生活を楽しんでいましたね。

昔のランドセルはそれなりに教科書などを詰めると、肩に食い込んでいました。

この天使のはねはそれがないようですよ。

ベルトに工夫があるようなのです。

ベルトだけでなく様々な所に気配りがなされているようですね。

しかし、この天使のはねのサイトなどを見ますと、今の小学生は幸せだなぁと、正直羨ましく思いますね。

今羨ましく思っても仕方がない事ではありますが、もし自分が今小学生だったら、と思ってこのランドセルの事をいろいろ知りたくなりますね。

大人になったら会社に行くのにバックは持ちますから、小学生はランドセルがバックの様なものですよね。

ランドセル天使のはねの事をもっと知ろう

教科書が荷物なのですから、確かに天使のはねのようなしっかりとしたバックがあれば毎日学校に安全かつ楽しんで通えそうではありませんか。

いくら子供とはいえ、大人ほどではないかと思いますが持ち物一つで、気分や精神が左右される事もあるかと思います。