子供達を思いやった職人技術

天使のはねは、一つ一つ職人さんの手作りといっても良いでしょうね。

ランドセルは細かな作業が多いので、機械ではなかなかできない部分もあるそうです。

そしてメイドインジャパンにもこだわって作っているそうです。

やはりここは日本の文化として捉えこだわりがあるのでしょう。

海外でも好評の日本製なので、そこに職人さんの手作りが加わればまさに鬼に金棒ではないでしょうか。

それを形として表したのが天使のはねなのです。

子供の持つランドセルにも日本の職人さんの技術が加わりますから、世界に出しても恥ずかしくはないでしょう。

テレビで見ましたが、海外で大人がわざわざ日本のランドセルをファッションとして持ちたいと言っていたのを覚えています。

それだけ日本のランドセルは海外でも人気があるのですね。

子供の時から品質のよいものを持っていたら、良い物への目が肥えていき、見極める目が幼い頃から自然と付いてくるので天使のはねはこうした事に、一役かっているのではないでしょうか。

子供の頃から日本製の品質の良さが分かっているとは良い事です。