すべては子供の使いやすさと安全の為

このランドセル業界では天使のはねは、大人が試しに背負ってみても違いが一目瞭然だそうです。

子供の為を思い開発されても、ここはやはり保護者の感想も大事でしょうから、販売するときは大人にもランドセルを背負ってもらっている事でしょう。

そうすることで大人にも天使のはねの味方になってもらえる事ができます。

保護者も自分の子供が6年間安全なランドセルを持って元気に学校に行ってもらいたいですから。

当の子供達も毎日飽きがこないでしょうし、負担になる事などありません。

天使のはねは大人から子供自身まで受け入れてもらえる良い製品ですね。

すべては子供の為という優しさからきているものです。

こんなに今は子供は大事にされているのですね。

子供の数が昔と比べて大分少なくなり、接し方も変わってきてはいますがランドセルからして性能が格段と上がる事は、今の大人の気持ちが天使のはねというものに表れているのですね。

弱者に対しての一つの愛情表現ではないでしょうか。

ますます開発が進むと良いですね。

次は一体どんなものができるのでしょうか。